物件は自分の目で確かめよう

不動産投資をしているにもかかわらず、時間を掛けて物件を見て回ることなく、中途半端に選んで買ってしまうようなケースをよく耳にします。

不動産投資の場合、物件を生でチェックした件数がポイントです。しばらくは魅力のない物件が多くてうんざりするかも知れませんが、資料請求をすることは有益だと思います。

いざという時を想定して続けてきたマンション投資だったはずが、逆に迷惑な存在になるような事態も起こり得ます。もちろん利回りは大事な要素ですが、何だかんだ言って借り手にとって魅力があるマンションであるかどうかということです。

マンション経営は誰もが手出しできないというイメージですが、アパート経営とは違い、棟全部を収益物件という形で投資するということはほとんど皆無で、1つの部屋が対象となる不動産投資と言うことができます。

マンション投資として見た場合、安く購入できて利回りに期待が持てる中古を購入しようとする人が多数いらっしゃいますが、中古のものでも、生活の拠点となる駅から10分もかからないような、立地の面で優位性のある場所の物件にすることが外せません。

空室リスクがないサブリース(一括借り上げ)は、アパートやマンションといった賃貸経営において行われるもので、何だかんだと話題になっていますが、常識的な賃貸経営とは相当異なったやり方なので、賃貸経営の経験がない人に勧められるものではありません。

一括借り上げを歓迎する不動産会社などは、「長期家賃保証」等と誘いをかけてきます。それはあくまで宣伝文句なので、契約の際には、隅々まで内容を明確にする必要があります。

サブリース(一括借り上げ)だったら、空室対策で苦悩しなくて済むなどの利点があると考えますが、賃料を下げる改定をされたりとか、修繕に伴う費用はオーナーが全額出費しなければならないといった短所もあるということは知っておいた方が良いでしょう。

海外不動産投資を検討する場合、最優先で考えておかなければならない点は、大概の海外不動産投資が「値上がりした物件の売却だけを当てにした不動産投資である」ということだと思われます。

ハワイ等の海外不動産投資をしようという時に無視できないこと、それは為替の変動リスクです。きちんと家賃が支払われても、対日本円レートで現地通貨が安くなったら、その投資というのは儲かっていないことにもなります。

アパートやマンションといった不動産投資で成果を得るためには、その収益物件が首尾よく儲けてくれるものでないことには話になりません。これを見極めるために必ず見なきゃいけないのが物件の利回りです。

収益物件と呼ばれるものは、居住向けの物件ばかりだと思うのは早計です。例えばオフィスとして使われる収益物件も少なくありませんし、お店として使われるものや工場として使うことが考慮された収益物件も多いのです。

近年はアパートやマンションに投資する不動産投資は、証券への投資より確実性のある資産形成法ともてはやされていますが、そんな時代背景があることから、不動産投資セミナーがいたるところで開かれていますので、興味のある方はどうぞ。

このところ注目されている不動産投資セミナーなのですけど、基本的には何の問題もないはずです。もっとも、高い教材と称するものを売ろうとする場合もあるので、素人さんは油断禁物です。

不動産投資セミナーと言うと、中古マンションなんかのセミナーに違いないと理解している人も多いかと思いますが、アパート建設用の土地を買うことも含んだ新築アパート経営を主題とするものも見受けられます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク